トップページ > アクセス・観光情報

アクセス方法 アクセス方法画像 アクセスマップ

盛岡地方裁判所前に、周囲21mの巨大な花崗岩を割ってエドヒガンザクラが伸びています。根回り4.3m、高さ10mで、樹齢は300年とも400年ともいわれています。

南部藩主の居城であった盛岡城の旧跡。現在は石垣や池が残り、盛岡城跡公園として四季を通じて市民に親しまれている。

岩手銀行旧本店本館は、明治44年に3年の歳月を要して旧盛岡銀行本館行舎として竣工されました。昭和59年の岩手銀行本店新社屋完成に伴い、中ノ橋支店となり、現在に至ります。

岩手山の裾野に広がる緑の牧場。のんびり草を食む羊を眺めたり、バター作り体験、森や星の観察など、自然に触れ遊び学べます。四季を通じてイベントも盛りだくさんです。

岩手・秋田両県にまたがる、台地状火山。火山帯独特の神秘的な自然の風景が広がり、数多くの温泉にも恵まれた天然のオアシス。岩手山から八幡平に連なる雄大な山々が楽しめます。

平安時代末期、奥州藤原氏が栄えた時代の寺院や遺跡群が多く残っています。2011年にはユネスコの世界遺産リストに登録され、東北地方では初の世界文化遺産となりました。

砂鉄川が石灰岩を浸食してできた約2kmの渓谷。およそ100mの断崖が両側にそびえ、そそり立つ岩の間を澄んだ水がゆったりと流れる渓谷が旅情をかきたてます。

白い岩肌に緑の松のコントラストが美しい国の名勝『浄土ヶ浜』。三陸復興国立公園に属しており、三陸海岸を代表する景勝地の1つになります。

チェックイン

泊数
お問い合わせ 岩手観光 防火適合マーク